求人広告について

|少子高齢化で人手不足時代へ

少子高齢化で、ここ15年間で2,000万人労働人口が減少しました。

 

人手不足からコンビニには若いレジ係から年配に代わり、都会は外国人が当たり前。無人のコンビニも登場しました。都会では現金お断りの飲食店が登場、レジの混雑解消と閉店後の集計業務の時間ロスやスタッフのストレス解消が狙いだそうです。

病院は看護学校卒業後働いてもらうために学費を負担しているところもあります。荷物宅配業者は無人運転の配達、ドローンによる配達の開発が進んでいます。ピザ屋ではタクシー会社に配達してもらったり、朝で仕事の終わる牛乳・新聞配達員に昼や夜に配達を委託する等、あらゆる業種で知恵を絞り工夫が進んでいます。

 

人手不足で4~5年前から休店・廃業や閉店が続出しています。

今後はさらに人手不足廃業・閉店が増えると考えられます。

 

|採用コストの上昇

上場企業では正社員1人採用コストは上場企業1.500万円、非上場400万円と言われています。

近年、1割~3倍コストアップしているそうです。

 

|広告媒体の拡大必須

松山では、過去は求人誌で募集すればすぐに採用できたお店も、1誌から2誌に増やし半年から年間掲載したり、求人誌とネットに同時掲載したり同時に自店のホームページを作りホームページ募集したりfacebookやブログ、チラシ配布・テレビ広告するところも増えてきました。

 

過去の経験は通用しません。

人材採用に成功した会社・店舗のみが生き残れる時代になってきました。

マチナカ情報に掲載する一般企業・その他の求人情報お申込みバナー画像
マチナカ情報に掲載する料飲店のナイトワークお申込みバナー画像
マチナカ情報に掲載する飲食店の求人情報をお申込みするバナー画像