うわさの女

(ウワサノヒト)

2017年(平成29年)9月11日 第2073号

七厘や 笑

あゆみ」さん

 去年の4月にオープンした七厘や 笑は旬の魚が自慢。特に七厘で自分で焼くサザエやエビ、イカの一夜干しなどが人気だ。

 西条出身のあゆみさんは松山東雲女子大学の3回生。保育士を目指し勉強している。

 今年の2月から笑でアルバイトを始めた。「お客さんに料理をほめてもらえるととてもうれしい」と笑う。「時々、かわうそとか深海魚に似ていると言われたりするけれど、お客さんとの会話も楽しいです」。

 店長を「コッシー」と呼ぶのは〝敬語禁止”という越道店長の方針。仕事での息はぴったりだが、好きなタイプはコッシーではなく竹内涼真。

 小学3年から大学2回生までバレーボールをしていたけれど、今はあまり運動もしていない。ビールが好きでほぼ毎日飲んでいるそうだ。食べ物では魚が大好き。卵焼きは食べるのも作るのも好きで、運が良ければ店であゆみさんが巻いてくれた卵焼きを食べられる。1996年11月19日生まれ。

 

所在地:松山市一番町2-4-11

電話:089-997-7057

営業時間:平日15~24時

   金土15~26時

定休日:日曜 

*七厘で焼くサザエは530円、ハマグリは580円。bitcoin決済OK。

週刊愛媛経済レポートの人気コーナー「うわさの女」の記事は株式会社愛媛経済レポート様よりご提供頂いております。

愛媛経済レポート

「1973年創刊。愛媛の経営者、ビジネスパーソンが愛読する県下最大の企業情報誌」
お問合せは・お申込は
株式会社愛媛経済レポート
松山市三番町6-8-3 EKRビル5F